マタニティヨガとは?

ママと赤ちゃんの為のヨガです。お腹の赤ちゃんと一緒にヨガをする、初めてのパートナーヨガです。

マタニティヨガは一般のヨガとは異なり、妊娠中にやってはいけないアサナもあります。正しく、安心安全に、赤ちゃんを産むための体作りをしていきましょう。

またご自身がリラックスするとお腹の赤ちゃんも居心地が良くなります。お腹の赤ちゃんにとって過ごしやすい環境をマタニティヨガでつくってあげましょう。大人の1日は胎児にとって3ヶ月と言われてます。1日1日をぜひ大切に、1回の呼吸を大切にしていただきたいです。

■マタニティヨガのメリットは?

・陣痛時、出産時に役立つ呼吸法を訓練します

・いきみのがし

・骨盤床の感覚を訓練します 

・姿勢を整えます 

・ストレス緩和

・インナーマッスル強化

・自律神経を整える

・リラックス瞑想法

・陣痛時がきたら

・妊娠時不快症状軽減

・分娩経過×ヨガ、呼吸法

・バースデープラン

・産後の過ごし方、気を付けたいこと

・新生児の話

■マタニティヨガでどんなアサナを行うの?

*妊娠中期*
*妊娠中期*
Virahadrasana Ⅱ】
☆股関節を外旋(膝に負担がかからないように)前の膝は前方方向。お腹の赤ちゃんを引き寄せる意識をし、胴体を起こしましょう。
☆体幹の強化、股関節の柔軟性、胸、背中の柔軟性
☆後ろの壁に寄りかかってもよい。手は腰でもよい。
*妊娠中期*
*妊娠中期*
Malasana
☆骨盤低筋の緊張と弛緩のトレーニング。
☆腰、背中を伸ばしましょう。
☆股関節のストレッチ、足の内転、外転の感覚を意識しましょう。
☆ヨガブロックはなくても、1つでも可。妊娠経過に合わせてブロックの高さを調節しましょう。
*妊娠後期*
*妊娠後期*

作成中

*妊娠後期*
*妊娠後期*

作成中

*妊娠後期*
*妊娠後期*
作成中